萬勇鞄でランドセルを購入した人に聞く

Pocket

萬勇鞄でランドセルを買った方にお聞きしたいです。現在どのランドセルにしようか検討中です。

候補として萬勇鞄さんがよさそうと思っているのですが、実物を触っていないので少し不安です。 購入した方に、縫製、耐水性、耐久性はどうだったか教えてもらえますか。 青が希望でなので色見本は送ってもらうつもりです。

こんにちは。昨年購入した母です。萬勇鞄は縫製も気になるところもなく、同価格帯のランドセルと比較して革も安っぽくありません。

革の切れ端が色見本として送ってくるので、濡らしたり、道にこすったり、コインで思い切りこすってみてください。 かなり丈夫だと分かるはずです。

(娘だからリボン鋲を選びましたが、それだけで高級感があります。) 仕上がりもものすごく満足してます。かわいいなあと眺めることが良くあります。 ただ1点、ファスナー付きポケットが最近は常にへこんでいるのが少し気になっています。。

 

ランドセルを萬勇鞄か池田屋にするか迷っているんですけどどう考えたら良いですか。通学距離が遠いし体格も小さいので、軽い方が良いと考えてます。

大マチの広い池田屋ランドセル
池田屋さんのランドセルは色々な工夫がされている子供中心から考えられたランドセルですよね。画像のように大マチの幅とサブポケットの小マチ幅を合計するとかなりの容量となります。

背カンの構造や動きを見ると驚きます。youtubeを見るとわかるように左右に開くだけではなく前方向に動くという工夫があります。前方向にも背カンが動くことでより一層背中に密着する機能を高めています。ただ、背負ってみてその違いを感じるかどうかは個人差があるかと思います。

左右に連動するだけでも背負い安いのですが、もし背カンの構造で肩ベルトを立ち上げている場合には、普通は肩ベルトは前方向には動きません。仮に無理な力をかけると破損の原因になったりもします。

その点をかなり改善したのが池田屋さんの背カンです。背カンの左右の動きは、フィットちゃんやウイング背カンなどとは違う構造で動くようになっています。どちらが優れているかは一概には言えません。

ただ、背負ってみると、萬勇鞄のウイング背カンと池田屋の背カンとの間の違いをそれほど感じ取れません。どちらも優れたランドセルなのであとは好みではないでしょうか。重さに関してですが、背負い安さと重さとは余り関係がありません。つまり重いから背負いにくいわけではないということです。

型崩れしないための固定プレートが萬勇鞄には当然入っていますが、池田屋のランドセルは補強材が本体をぐるっと囲っているので、頑丈かなと思います。

萬勇鞄には持ち手がついていて鞄工房山本にはついていません。それだから萬勇鞄を選ぼうと考えていますが、実際の萬勇鞄はどうでしょうか。

鞄工房山本に持ち手が無いのは、教科書が入っているランドセルは重いので、持ち手で6年間提げ続けるには負担が大きすぎて壊れる可能性があるためだとのことです。

だから持ち手を使うなら、教科書などが入っていない軽い状態で持つべきでしょう。背負い安さに関してはどちらのランドセルも評価が高いですから、デザインとカラーの好みで決めても良いのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。